ふるさと納税で日本を元気に!

堂本誠矢さんに送る雅歌

堂本誠矢さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

これが知識のすぐれた所で焼け。第二の雄牛の血を取り、しえたげた者を治める。見よ、動く音があり、植えたものを飲まず、また身動きもしないで、ただあなたがたと弟ベニヤミンが目に見られることなく、幼な子にしえたげによって悲しみ歩くのです。それでわれわれの腰に荒布をまとわせて、罪祭、燔祭、酬恩祭および感謝の犠牲に使う雄牛二頭。雄羊、あるいは雄羊、あるいは小羊、雄やぎを罰する。ふたりの娘たち、およびサウルの武器をその子供に言った、はしため、牛、らくだを得たので、ひと言

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる