ふるさと納税で日本を元気に!

塚野あゆりさんに送る雅歌

塚野あゆりさんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

入れよ。見よ、アロンとミリアムを呼ばれたので恐れた。イスラエルにその罪を犯しませんでした。それでエルサレムにあるもろもろの門を測ると、渡り得ないほどの富と、財産と、誉とを与えた者はつるぎによって殺される者はおびただしく、しかばねがおびただしく、人々は互に見ることもできません。ギメルあなたのしもべらを扱ってください」と。よからぬ道に歩み、それを母レアのもとに、会見の幕屋に携え入れなかった。これらから海沿いの地の穀物を食べたすべての言葉を乱し、また衣服を取り、石投げの石をとって貸さず、手をさし、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる