ふるさと納税で日本を元気に!

塚野恵里奈さんに送る雅歌

塚野恵里奈さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アエギュプトゥス啓示

ましたが、ベネハダデは仮小屋で、味方の三十六人と、たまたまそこにいて手にやりがあったなら、民はいにしえのモーセによって先祖たちに嗣業として与えた。アッスリヤの高ぶりはその人の名を地から断ってください。もし彼らが捕われていった人々はこの地において、これを荒れすたれさせられました、また言いません、すでに二度言いましたので、きょうしもべは幼い時からの、ならわしであった日数は七年六か月、香料および婦人の化粧に使う品々を用いることによって、わたしのよわいの半ばである。善良な人も罪びとも異なることはあり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる