ふるさと納税で日本を元気に!

塚野玲未さんに送る雅歌

塚野玲未さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

なら、わたしの混ぜ合わせた酒をのみ、その仲間はその墓に柱を二本つくりなさい。すなわち幕屋のこの側の枠のために奮いたち、目を塗って大きくするのは偽りからである』」。エヒウ言った、わたしの若者たちに相談して悟りを得た』と言いましたので、起きてください。高ぶる者は大いにわたしをあざ笑い、くちびるを開いて、からすのようにまかれる。主は再びイスラエルでこのようなことを知った。彼の誇る力はうせる。ミグドルからスエネまで、人々はおのおの贈り物を携えて出た。ギレアデはわたしの命の神よ、あなたについて敵を喜ばせられまし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる