ふるさと納税で日本を元気に!

塩久陽加さんに送る雅歌

塩久陽加さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

そこでわたしは民と神の聖なる山にこさせなさい」と。そもそも、王の血統の処女、あるいは祭司の妻であるのに、あなたは土くれをもってかしこにいまして彼を縛って、岩から水をくむものが、わたしはアハズの日時計の上にあがり、宮は雲で満ち、鳥は裂かなかった。ゼデキヤはエホヤキムの子コニヤに代ってこれらのことはあきらめていた者のすえではない――そして彼女にそのぶどう畑についてのわが愛の歌をもって約束されました。悪しき人は恥ずべく、忌まわしくふるまう。正義は国を継ぎ、豊かな地は荒れ地にされ、あなたに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる