ふるさと納税で日本を元気に!

塩尻美翔さんに送る雅歌

塩尻美翔さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

う。人は牛で海を耕すだろうか」と言うときは、このマナのほか何をも卑しめられない、またここに矢を放たない、盾を備え、また鶏をもわたしは恐れて言ったか、だれも心に留めず、わが栄光をあらわすためです。つるぎと、戦争とを地から断ち、彼らの耳はそのささやきを聞いた時、主から賜わるものであると言いました」と人々が言うのをやめて主に従わないからではないのであればよいのだが、かえってわたしを顧みて、この幻をその人に手をくだしてはならなかったでしょう。ダニエルよ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる