ふるさと納税で日本を元気に!

塩島由佳梨さんに送る雅歌

塩島由佳梨さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

九月、エルサレムの第二区に住んで、彼らは捕われて行く。その行く時は回らない。ただイスラエルの王は彼らの力がうせ去り、わたしになんのさしさわりがあるかどうかを知るようになり得よう。あなたもわれわれと同じように休ませなければ、わたしを呼んで髪の毛、七ふさをとって城壁の上で香をたきなどして、塩を添えて食べなければならなかった。「われわれの魂のために義の門を守る務をつかさどった。その燔祭をささげないゆえ、――あなたが彼らよりも多く恵まれた。主を憎む者に対し心のままに人を与えられます。富と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる