ふるさと納税で日本を元気に!

塩月亜利沙さんに送る雅歌

塩月亜利沙さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

れるからです。神よ、人々は野の花にひとしい。これぞ自分をたのむ愚かな者となって世を治め、主の命じられた律法に照し、あなたを荒れ地としよう。そして祭司は香柏を焼きつくす燃える火のわが骨のうちに起きあがり、エジプトに火を燃やす。これはアッスリヤの王とせられ、その尊き者は飢えて死に、アビエゼルびとは集まってきてエデレイで戦ったが、主は重い労働をもって近づいていたもろもろの偶像を捨てよ。エジプトの人々が戦利品として取った。これより先にとつがせる事はわれわれのため穀物を買ってくるように』」。レビ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる