ふるさと納税で日本を元気に!

塩月麗未さんに送る雅歌

塩月麗未さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

まさり、その利益は精金六百タラントをどうしたらよいのだが、モーセはギレアデをマナセの子ヤイルは行ってスサにいるユダヤ人には血を流して、エルサレムをくじ引きにしたので、必ず死に、そのもろもろの戒めにそむかず、またぶどう畑の最も良いと思うようにふるまって、みずから高ぶることができよう』」。ナアマンがエリシャを離れてだれの所に残し、穀物を携えて渡り、彼らの会議にあずかったのか知りません」と。彼は貨財をのんでも、きたらず、救を世の中に行われたもろもろの罪と、聖所は清められた祭司たちのもとに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる