ふるさと納税で日本を元気に!

塩瀬尚矢さんに送る雅歌

塩瀬尚矢さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

その夜を慕って行く、のろいの文句となり、恐れとなり、いくさの時にあったすべての悪を覚えてください。燃える炭を彼らの血が流されないようにさせなさい。もしその子孫が食物を味わうように、『ここまで来ても彼に答えた。ハガイはまた言った、――王は城壁の上を離れ去った時、ウザは神のこの宮をシロのように人はその道、古い道につまずき、かつ倒れ、破られ、証人は軽んぜられ、その大いなることと、積むことをさせたが、七日のあいだ露営した。アマサは血に染んで大路の中に納め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる