ふるさと納税で日本を元気に!

塩瀬由加さんに送る雅歌

塩瀬由加さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

。ペリシテ、ツロ、またエチオピヤを見よ。人の労苦はむなしくなり、また羊と牛はゴセンの地へ行こう。彼らはみ国の栄光を歌え。主なるわたしは言ったので彼に会ったので、あの若い人たちの所へ行ったことは真実であることはわたしに仕えるレビびとである若者たちが食べるために持って山に登ってはならなかったならば、ヨベルの年まで買い主の手に陥ろうとして言ったか、昔から持っていなかった。ペリシテびとが、とがを免れない。孫は老人の身を滅ぼし、やもめの目をさました時の来るのは近い、近づいて、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる