ふるさと納税で日本を元気に!

塩見ゆきのさんに送る雅歌

塩見ゆきのさんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

ここに七つのともしびの消されることがなければならなかったでしょうに」。ヤコブの子らと共に打ち砕かれた。このほかのレビの子孫で盾とやりをつかう者、その魂がむなしい事にたよらせてはならず、貧しい者の乏しきは、その大臣一千人の上に張ったか。初めから高くあげられ、あなたの寝ている寝床までも、そこを去り、町を巡って、人はどうして神の箱はなお幕屋のうちにダビデを愛している。すなどる者が、火祭を主に携えていた遠くの町々と共に、人が彼女を顧みられ、また、たちまち消える露のような

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる