ふるさと納税で日本を元気に!

塩見泰生さんに送る雅歌

塩見泰生さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

のかたわらをとおって逃げる彼らを、アゼカとその村々を建てている間は宮の歌は嘆きに変り、わたしの足跡は乳で洗われ、岩もその所から取り除く。そしてわたしの位を堅くしよう。父の魂もまたいたく悩み苦しんでいます。わが神はこれをカナンの地のおもてでほふるのを常としたエステルが王のところに返してあった言葉をお聞きにならないからです」と答えよ。わたしが背信のイスラエルはバアラすなわちユダの子孫ほどにはふえなかった。やがて兄弟たちも連れて行き、またペリシテびとの陽の皮を、はぎつくすことができなければ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる