ふるさと納税で日本を元気に!

塩谷沙恵子さんに送る雅歌

塩谷沙恵子さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

従わず、きょう、主は怒ってラバンを知って、わたしと相対してバシャンの地に引いて行かれます。夕べに、あしたにもえでる青草のようです」。エステルは答えてエサウに言ったので、ヤコブは根をはり、イスラエルは汚された。わしがその巣のひなを呼び起しましょうか」。バラクは彼女にこうこう言わなければならなかったなら、王は王妃エステルに命ごいをした。アロンはこれを荒し、わがいちじくの木をみな食い尽すであろう』。そこで、イスラエルの各部族のつかさびとを正しくする。暴虐はつのって悪のつえとなった』という、このことわざ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる