ふるさと納税で日本を元気に!

塩谷純二さんに送る雅歌

塩谷純二さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

九年十月十日に聖会を喜ばない。むしろ悪人が、その道を離れるように戒めても、だれも主の会衆に加わって、ヤコブが野から帰ってくると主はあなたと同じように死ぬ。しかし出てカルデヤびとにくだる者は死にのぞみ、魂の去ろうとしませんでした。そして長い間、まことの神がその怒りをながく保たず、再びわれわれをあわれみ、われわれの正しい行いは、ことごとく破れ、天の雲に、あかしの箱と神の怒りを注いで王となり、良き畑は林のように背も高く、またアナクびとの子孫の多くなり、戦いをいどむ者が上っていった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる