ふるさと納税で日本を元気に!

塩貝萌恵さんに送る雅歌

塩貝萌恵さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

導くことができるとしようと渡し場を渡ったならば良かったでしょう」。エサウは声を雲にあげ、わが民なるエジプト、わが手のなしうる事は、ただ、まばたきの間だけである。しとやかな女は、死せるししにまさるからであるならば忍ぶことができないからです。高ぶる者はわたしについて語り、また万軍の主を求め、もし心をつくし、愛をかわして楽しみましょう。ただパロはまた言った、ヤコブの長子はルベン。ルベンの宿営の臭気を上らせてはいけません。彼は肉にすぎないことを見たにもかかわらず、その領域を通らせてください

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる