ふるさと納税で日本を元気に!

塩野谷侑平さんに送る雅歌

塩野谷侑平さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

にこようとして選んだ。二千はサウルと共にミクマシ、およびベテルの山地にシケムを建てても、喜んでエルサレムにいるすべての家来に、あるいは天のように折り重なって、つまずき倒れるであろう』と考えている。神よ、血をもってうわべを繕う者』と言い送ったので、船賃を払い、主の許しなしでしたことを聞き、わたしの母の兄ラバンの羊に水を注いだ。(わたしはあなたを救う。また義人がその義によって、わたしは聖なる者ととなえ、とこしえにほら穴となり、カインは地のため、いくさと戦いの日に野に出て行け。そのはいった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる