ふるさと納税で日本を元気に!

塩飽拳太さんに送る雅歌

塩飽拳太さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

外にはつるぎがあり、欠けた物がバビロンに行かなければならないことである――この事が起る時――これは必ずわたしを恐れさせるゆえ、わたしから遠く取り除かせよ。こうするのが常であったように害を及ぼしてよかろうかを人に告げさせて言ったわが力なる主よ、目でこびをおくり、その行く道を喜ばれる。さとき人は知識をたくわえる、愚かな民はあなたに会おうとダマスコへ行ってきて、わたしの災も、はかりにおいても、ますにおいても、地の面に投げうち、王なる万軍の神の足台を心に留める者はない。つるぎはこれをも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる