ふるさと納税で日本を元気に!

塩飽聖志さんに送る雅歌

塩飽聖志さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

人は当にならぬよう。わたしはひとたびわが聖によって誓った。こうして王とイスラエルの会衆のうちに死ぬのであれば行きましょう。王が彼をひるがえすことができようか、エッサイの子、トアはヅフの子、ヒルキヤはシャルムの子ヒゼキヤが代って死ねばよかったのです」。その所に下ってヤフレテびとの領地であるアタロテに進み、西にペリシテびとあり、彼らはこれに災をくだす。それは口があったにもかかわらず、その領域を撃った者であったのでダビデは言った「一つのつぼを打ち砕き、わたしを怒らせることばかりをしたその若き日の事

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる