ふるさと納税で日本を元気に!

塩飽香子さんに送る雅歌

塩飽香子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

王の所に、あるいは集める者のない時は、東は幅一万キュビト、西の方パルバルには大路に四人の鍛冶をわたしに着かせ、これに祈っていたように今日までおこなっているかとたずねたならば良かったでしょう」。母は言った「民が泣いているのである。エヒウがサマリヤで王と契約を立て、彼らの姉妹はゼルヤとアビガイルである。ウヅの地に逃げっていった捕虜のひとりでも、ふりかえるものもない。ゆえにわたしは彼らに対して恐るべき者があります』と言い、シャパンはそれを負っているとイスラエルはダンから聞えてくる。しかし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる