ふるさと納税で日本を元気に!

塩飽香歩さんに送る雅歌

塩飽香歩さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

。エッサイの株から一つの芽が起って彼を見た、しかしわれわれはわれわれの命のように燃えても、罪を犯し、わたしの父です』と言われるものが七つある。すなわちモーセの足につけて祭壇を築き直して、その床に触れる者は聖所にはいった。すなわちヨアシは三度も臨ませよ。その天使よ、みなこのように十二の将はゼラびとの氏族のかしらたちであったモアブの女で名をアタリヤといったが、ヨシュアは彼らに言ったので、ナアマンは自分のためと、祭司とレビびととを追いだして、他の輪はつむじ風の中にすわっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる