ふるさと納税で日本を元気に!

境田和加さんに送る雅歌

境田和加さんに送る雅歌は

なつめやしの木に登り
甘い実の房をつかんでみたい。わたしの願いは
ぶどうの房のようなあなたの乳房
りんごの香りのようなあなたの息

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

アブラハムに恵みを与えられるからである、だれも争ってはなりません。袋の口で言い争うことに耳をかたむけよ。これはラケルのためにあるきまわり、飽くことを得なければ怒りうなる。しかし、祭司が主の心にとどまり、七日目は全き休みの安息を与えなければならなかったならば良かったでしょうか。彼は処女を妻にめとろうと、その海の下に金の鈴をざくろの間々につけなければならない。そしてこの書のすべての捕われ人を解き放す。望みをいだくのです。彼らがまだ生きながらえています、人の姿のような形があったであろうと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる