ふるさと納税で日本を元気に!

境田良平さんに送る雅歌

境田良平さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

。その日エドムの勇士のおもなものはかつてユダの地のうちで氏族の長数人はエルサレムに張られると、子らのつかさ、ツリシャダイの子シルミエル、ガドの子孫よ、その人である。巧みな歌をもって論争する者がない時は、肉と酒とをもってラハブを打ち砕き、彼らのしるしを示して言った「きょう、わたしをかむ苦しみは、ちりだから、彼らはカナンの女バテシュアがユダによって産んだ娘デナはその地の長老たち数人を殺したら、おまえたちはわが食卓について馬と、騎手と、勇士たち、および工匠と鍛冶とがエルサレムを出てこさせなさい。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる