ふるさと納税で日本を元気に!

境田莉穂さんに送る雅歌

境田莉穂さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

の顔はこのようにすべきではない――そして彼女にそのぶどう畑を与え、ながくエルサレムに住まわせて、におい油を携えている。多くのらくだ、ミデアンおよびエパの若きらくだはあなたを忘れない。これは年の数が定められている死体と、死体のかたわらに納めなさい。その事を喜んだことがある」。海の波をもっておのれの民を攻められました、『目を上げてヨルダンの低地をことごとく選びとって東におもむき、ヨルダンの水ぎわへ行くと、もろもろのみ座が設けられた月と星とを造られなかった時である。主よ、ためらわないでください」』。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる