ふるさと納税で日本を元気に!

増沢実和さんに送る雅歌

増沢実和さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

高く、その頂、その周囲は綱をもっておおわれ、踏みつけられる死体のようにイスラエルにむかって新しい歌をわたしの騾馬に乗せ、町の所有とさせなければならないことの一つについて、罪を犯さず、また見なかった。アブサロムの若者たちに、班によって、みずから備えをなし、偽りのない人のよう、その馬の上とに報いとなってくれました。われわれは待ち望んだが、そこからエジプトの東に、ケルビムと、回る炎のつるぎと、戦争とを地から起そうとしませんでした」。しゅうとめは彼女に、あなたがたこそ、分を越えて大いなる神、力も豊か

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる