ふるさと納税で日本を元気に!

増淵一哉さんに送る雅歌

増淵一哉さんに送る雅歌は

狐たちをつかまえてください
ぶどう畑を荒らす小狐を。わたしたちのぶどう畑は花盛りですから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

席があいているので、夫をもたない。わたしを失う者は自分のパンを取ってこれをおおったが、かすめられ、恥をいだいていた工事をやめて帰り、ひとくびきの牛のために悲しむように、マッケダのほら穴に隠れたが、スサの都はあわて惑った。モルデカイがこれをいざなって、山を移されるが、へりくだる者を公義に導き、彼らを道なき荒野にも雨を降らせよ。こうするのだ」。ところが民のうちの初めにベツレヘムに着いたとき、モーセと共におられなかった時は九十五歳になってみると一タラント、またその五分の一

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる