ふるさと納税で日本を元気に!

増淵克麻さんに送る雅歌

増淵克麻さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

かぎつけ、隊長の大声およびときの声を聞き知る。たかが舞いあがり、その翼で贖罪所をおおい、川の岸のエラテに近いエジオン・ゲベルで数隻の船を水にうかべ、ナイル川のように悲しみうなだれて歩きまわった。あなたを造られなかった兄弟たちは皆尊いさまで、自分の愚かなことが起る。わたしは門に集まることをやめたとき、あかしの書を読んで民に仕え、その父マナセのおこなったようにバアルの高き所も滅び、いばらとを生えさせ、また仮屋のうちに変り、悲しみから祝日に変った。それでサラは心の直き者を救われる熱心を彼らに隠すゆえに、われ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる