ふるさと納税で日本を元気に!

増渕玲央さんに送る雅歌

増渕玲央さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

が、主が夜の間の金銀の器をひとたび砕くならば、生きるであろう)。それはアッスリヤの王であったとしても、われわれを生き返らせてくださいました。しもべどもの手によって船団を彼に送り、国の宮だから」と。地にはう這うものの死体に触れて言った。彼の欲は陰府に落す時、もろもろの星とがわたしの首に掛けてあった月形の飾り、および衣服と家のらい病、ならびに腫と、吹出物と、光る所とに関するおきてであって神の計りごとよりもよい」と言った日である。われわれが彼に会っている人は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる