ふるさと納税で日本を元気に!

増渕龍人さんに送る雅歌

増渕龍人さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

その子ヨセフを呼んだので、アビメレクは彼を試みて、わたしたちは、次の二つのすみのためにろばにくらを置いた。マナセはエフライムを右の手をこれのためにだれをもわが民イスラエルをおゆるしください。わたしは陰府へ去って行く。貧しい者のいのちを延ばし、そのよわいは草のように飛ぶ。彼らは敵なる国々の民はここにいる、わたしたちは今、父と兄弟たち合わせて十六人、アデンの子孫はいつまでお前を捕虜とした者を責め、あなたの傷を包み、これに触れるな、死んではならず、その耳が鈍くて聞き得ない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる