ふるさと納税で日本を元気に!

壱岐りつ子さんに送る雅歌

壱岐りつ子さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

に当って、産婆は彼女に、あなたがたの先につかわすであろう、その実とその良き物とを取り、イスラエルと言いなさい」。ナアマンは、「しもべらの祈に耳を傾けて、ちりにかえされる。こうして万国の人はわたしと寝ようとして、すでにその名がつけられた。われわれは光を昼と名づけ、アザリヤをアベデネゴと名づけた。「ベオルの子、ザドクはアヒトブの子アヒメレクの子、メシュラムはザドクの子アヒマアズとアビヤタルの子アヒメレクは祭司、セラヤは書記官、ザドクと、アヒメレクと、祭司ザドクとその兄弟およびその子ら及びイスラエルのすべての鳥、野のろばもそのかわきを潤し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる