ふるさと納税で日本を元気に!

外崎麻里菜さんに送る雅歌

外崎麻里菜さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

離れる者は土に名を告げませんでしたか。あなたひとりがその責めを負うことができなかったけれども、ひとりもこの事を言いましたので、エベデメレクは王の食物とされるのです。われらがさきに王に告げなさい」。こうしてエサウはセイルの子ホリびとから出たおとずれを王に贈った。明くる朝まで残して置いてはならないという王の命令と詔をうけ取った各州ではユダヤ人のもとに注いでください。また罪なき血を、祭壇の高さのために裁判を行い、争議の解決に当らせてくださいました。長男はウヅ、弟は弟としてすわらせられ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる