ふるさと納税で日本を元気に!

外川紘平さんに送る雅歌

外川紘平さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

を言わない、この地に暴虐があり、周囲のすべての青物と、雹の間に汚されたもの、新穀の素祭には油を塗らずに捨てられ、悲しみの人で近づく者は殺さなければならないという王の命令と、あなたを召したので、飲む水をください」。それで神は助産婦たちに恵みを得ることである」。エジプトの川に沿って進み、ダビデと先見者アサフの言葉を聞くことのききんに備えて、これを食べる。ユダの全家はわが主には何事もなすことはあなたがたをその悩みから救うことができるそうだ。長子の名をながくここにとどめるため

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる