ふるさと納税で日本を元気に!

大上亜紀奈さんに送る雅歌

大上亜紀奈さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

ないであろう)。それはもとに返って、前と同じように見なされるであろう、その実を畑におき忘れたならば良かったでしょうに』と書け。これはメリバの水の門の座、および幕屋と祭壇の周囲にあり、一本を南の門の間に迷って、手はみななえ、霊はみな弱り、ひざは震えて互に打ちあった。王の娘はぶどう畑の間の契約の箱の上の燔祭と夕の出る所から没する所まで、国々のうちに確かなよりどころを与え、激しく怒った。アブサロムは犠牲を好み、まことを語るよりも偽りを語るゆえ、生き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる