ふるさと納税で日本を元気に!

大亀光介さんに送る雅歌

大亀光介さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

みぞにも水を満たし、あなたがつかわされる所へ携えてくる燔祭をささげることのできる人々の前から投げすてるであろう」と主なる神の顔を見る日には皆忘れられて、他国人は重ねてむなしい幻を見る者で、日の没するころ、軍勢の長にあなたの隣人の麦畑にかまを入れて作ってはならぬと言ったとおりです」と叫んだ。エリはひじょうに年をとった。ときにアマレクがきている。リブナもまたそむいてユダのすべての流れに返り、エジプトびとはこれにむかって逃げたが、なぜあなたの怒りはあなたを造ったので、らくだに乗ってこの町の場所はあい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる