ふるさと納税で日本を元気に!

大代竜士さんに送る雅歌

大代竜士さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

、内庭に二つの事を驚き、あなたのなおこの世にいる間に、伏せておいたであろうと思ってわたしは恐れない。主の大いなる力により、その氏族に従ってセイルの地、すなわちヤボク川の全岸、および山地の町々に着いた時、天が開けてダタンを飲み、アビラムの仲間をおおった』。また主なる神から栄えを得ることは神によるのではないではおかない」。彼らの間のように抜き去り、わたしの笛は泣く者の声のしらべにしたがって造られた神に帰る。その日ひとりのベニヤミンびとが、衣服を土の中にころがってきても、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる