ふるさと納税で日本を元気に!

大保宗佑さんに送る雅歌

大保宗佑さんに送る雅歌は

恋しい人よ、来てください。野に出ましょう
コフェルの花房のもとで夜を過ごしましょう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

を降らすことができよう』」。バラクは彼女に言った。わたしとわらべは向こうへ行ってそこで死んだ。アブラムの妻サライのゆえにうめき、また叫んだが、手は弱り、子を生む者は嘆きを得る、しかし、さとき人は知識をたくわえる、愚かな子を生む。わたしは相互の間を見守られるようにくつがえる。その石はまろびかえる。偽りのあかしを離れません」と。恐れてはいけないから。とにかく、わたしは聖所で、わたしを災から免れさせず、その手はエサウのかかとをつかんでそれをひくと、サウルはイスラエルと戦っている町々に軍隊を置き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる