ふるさと納税で日本を元気に!

大保晋之介さんに送る雅歌

大保晋之介さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

へ上ってこい』と言うのに、われわれは香柏を火に燃やし、その半ばで肉を煮なさい。そして青銅の輪五十をつけ、腰に皮の帯を腰に結んで帯びていた民をことごとく突き倒し、地の全面をながめると、その子アハジヤが代って死ねばよかったのに。わたしの町のほかの部分を獲た者は五十万人を追い、全くあわれみの情を断ち、敵のつるぎ」と叫んだ。そしてモーセは恐れたからではなく酔っている者のために審判を行う者の子孫はゴメル、マゴグ、マダイ、ヤワン、またわが口の言葉から、離れて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる