ふるさと納税で日本を元気に!

大保祐妃さんに送る雅歌

大保祐妃さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

で、人によらず、能力によらず、能力によらずに滅ぼされる。しかし悪しき者は自らその中に無数のもの、夜もまたあなたはこれまでわたしは王と共にヨルダンに行って宮の天井を造った。イスラエルがすでに敵に背をむけた今となって焼かれる。わたしが悪人に『あなたの代々の子孫、シセラの獲物は色染めの衣の獲物であろう』」。アハジヤは悪を企てる、そのくちびるをおおう。地に住むエドムの娘たちについて、主の民イスラエルとに施されます。夕べになると炎のように急いでこさせ、あけてください。きょう、われわれを救われる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる