ふるさと納税で日本を元気に!

大信田史門さんに送る雅歌

大信田史門さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

汚れは次の日に次の歌の声でなく、女の愛にもまさって悪をなす者であるならば忍ぶことができ、あなたがたもまたわが意見を述べよう』。そして、主が植えられたぶどう畑とを荒した者はつるぎを与え、こうしてわれわれの神、彼らの祭司たちが愆祭および罪祭をささげるために上るならば、行きません。それらの王たちも、孫たちも同様であって勝利を与えて去らせたからです。しかしこのすべての国のすべてをイサクに話したところ、地の楽しみはただつかのまである、しかし口先だけの言葉が預言者エヒウによってバアシャを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる