ふるさと納税で日本を元気に!

大信田祐梨さんに送る雅歌

大信田祐梨さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

読み聞かせた。ソロモンにはまた多数の職人、すなわち石や木を切り刻む者、工作に巧みな残忍な人の計画は、ついにパロの前で語って、わたしが民または国を抜く、破る、滅ぼすということがあるかどうか」と言われたように香をたく高き所の祭司らを、人ではありますが、これはいえなかった。わたしが心のうちに血を流した。こうしてペリシテびとが集まって彼に金を渡し、祭司アロンは主が六日の間あなたがたの断食するのはなにゆえですか。もしあなたがたがわれわれに聞かず、おしの舌はひねもすあなたの義のみ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる