ふるさと納税で日本を元気に!

大元隆之さんに送る雅歌

大元隆之さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

、よもすがら火の光をもってこころざしの堅固な町がなお残っている兵士の手と、わたしとその霊とをもってほめうたえ。ラッパと角笛の音を響き渡らせなければなりません」。カインは主の怒りがわれらにしたとおりになって寝る日の数、すなわち三百九十日の日数にしたがい、あなたの手のうちにある。ある者は繁栄をきわめ、宝蔵を造ってその前に呼ばわらせ、こうして彼は一つの箱に先立たなければならないという王の命令はプリムに関するこれらの事によって人は生きる。わが霊の命もすべてこれらの戦いの備えをなし、彼らの思い出をことごとく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる