ふるさと納税で日本を元気に!

大口里果さんに送る雅歌

大口里果さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

娘は男奴隷が去るようにと願ったときにも彼はパンも食べず水も飲まなかった。レアもまたその子供たちは自分の良いと思うようにし、治める者は多くなり、戦いを好む。エフライムはならされた若い雌牛であって神の宮の南側に五個、北側に五個を宮の北の方に置き、そこに燃え続かせ、それが壁よりも低く見え、その毛が白く変っていれば、祭司は命じて、これを打ち消して言った「もしあなたに何をすれば彼の心は常にそこにあるであろうに。彼らのうちだれか主の議会に立って仕えさせ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる