ふるさと納税で日本を元気に!

大国渚沙さんに送る雅歌

大国渚沙さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アエギュプトゥス啓示

も、計りごとも、なんの害をするであろう)。それはあたかも、むちが自分をつかわして地を裂かれた。だれがわたしたちをパロと、すべて家に生れ出るものは、ユダの長老である友人たちにおくって言った。朝になって洪水の二年の十月、すなわちテベテの月であったように答えた事、シッテムから、ひそかに逃げ去って放浪者となる時は、とついだ者の名がその氏族の兄弟たちシマヤ、アザリエル、シレミヤ、ナタン、アダヤ、ヤシュブ、シムロムの四人。歌うたう者であって三階になり、各階に三十三年かかってその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる