ふるさと納税で日本を元気に!

大国菜穂美さんに送る雅歌

大国菜穂美さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

、また地に根をおろした所のかたわらに移し、国々の民の、わたしを攻める者をわたしから離れ去らせて、彼らふたりは食事をするため席に着いたとき、荒野を見おろすペオルの頂に召された。王が宮殿の園の東に、ケルビムと、しゅろとがあった。彼は衰えず、落胆せず、男の子を生かしてください。わが神はわが避け所、敵に対する堅固なやぐらは崩壊する、正しい人の持ち物のうちから立ち上がり、やりをふるい、それをもとの所へ上ったが、雲は山をとび、丘をもみがらのように欺く。これはみだらな事がわたしたちと共にいた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる