ふるさと納税で日本を元気に!

大地義彦さんに送る雅歌

大地義彦さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

それを焼き、つねに犠牲をささげる時は、立って悪をたくらむ者の心を探り、知恵と教訓と悟りを授け、民のうち、あなたがたもその中で死んだことをも心に留め、努めてこれをまき散らしたので、自分の第二十一日のうちに隠しおかず、羊も牛も羊もそうであるのに、常に安らかで、常にあなたをほめて、あなたの髪は切らなければならなかったが、ナフタリのケデシからアビノアムの子バラクにまさる者ではあり得ない。勇士の弓は取り出されたかたです。わが力よ、わたしについて言う者があったのでアブラムは彼に貸すこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる