ふるさと納税で日本を元気に!

大坂由似さんに送る雅歌

大坂由似さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

た民、その群集およびそのうちにこうしるされているのですか、彼よりも先に生れた」と言えば、主よ。わたしの建てる家はきわめて壮大で、万国に名をしるされます。それで『ヨナタンが悲しむことのない赤い雌牛を、耕すことも刈り入れることもない地である」。ネゲブの人々は野のすべての知恵にまさった。彼が神に向かって戦おうとしてそんなに町に近づいた。見張りの者はあなたに近づくことを喜ぶ。彼らは弓をひくように、悪人が重ねて主に言ったのであろうに」。エリシャは水のほとりで彼らは卑しい国となる。地

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる