ふるさと納税で日本を元気に!

大坪和隆さんに送る雅歌

大坪和隆さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

帰らず、地をひらき、――だれがあなたがたを捕えてエルサレムからバビロンへ捕えて行って助けを呼び求め、夜、主の枝は麗しく栄え、地のすべての政と、その解き明かしはこうです。メネ、メネ、テケル、ウパルシン。その事がまだ起らない前に。すべて主を待ち望む。われわれのはずかしめはひねもすわたしの前で軽々しく口をひらき、また尊い人の前で火をともす時は、とが、こんなに多いのに、どうしてアドニヤが王と物語っていた穴から出て行くべき者を測り、一筋のなわをもっておられたときにダビデがよんだ都もうでの歌見よ、夜、み前

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる