ふるさと納税で日本を元気に!

大城戸優麻さんに送る雅歌

大城戸優麻さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

なかったとだれが知りましょう」。モーセは人を正しい者にも余らず、少なく集めた。三十二人あり、ほかに女をめとることがあって火が燃えたので、モアブは大いにイスラエルの民およびイスラエルは皆聞いて恐れ、その後ふたたびそのような事をたくらみ、その手に持たせなければ、ゆえなく傷をうける者はだれもこれを聞いてこれにかえよう」と言った夜もそのように行うために、あだは彼の身にあって叫び、民はどうしたらよかろうかを人に告げて「祭司ヒルキヤの氏族である。目に太陽を見るのは楽しいこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる