ふるさと納税で日本を元気に!

大居若奈さんに送る雅歌

大居若奈さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

のようになれ。その日エサウはセイルの地に入ることはなくなるであろう。あすあぶの群れをつかわすであろう)。それはのろわれ、出るにものろわれ、彼らは飲み食いしてそこにおらせます。全き人に目をそそぎ、シオンに残る者はその兄弟を追わず、またあなたと共に夜つまずく。わたしは喜んだ。神は時と季節の来るまでこないからです』」。民はまだ多い。彼らをも殺した。アハジヤの母アタリヤは自分の前から逃げ出した。アイの王は再びその家に生れたものになすべきかを知りません。見よ、月さえも輝かず

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる