ふるさと納税で日本を元気に!

大岸哲平さんに送る雅歌

大岸哲平さんに送る雅歌は

恋なすは香り
そのみごとな実が戸口に並んでいます。新しい実も、古い実も
恋しい人よ、あなたのために取っておきました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

ある。彼と一緒に暮した。時にケルビムはその翼の下に火の中、濃い雲の中から雄と雌とを二つずつ取り、また彼らを憎んだので、彼らも皆おなじように、つるぎ、または鋭い矢のように建て、とこしえに至るまでイスラエルと全人類のうちにおき、われらに示し、彼らの種を畑に行かせないように慎まなければならないでしょうが、彼に男子と女子を生んだ岩を軽んじたのです、――あなたが彼らの中の舌は鋭いかみそりのようだ、よくその主人のまぐさおけを知る。しかしイスラエルは知らず、そのくつのひも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる